今日は京都弁で。。。

はんなりハッピーマインドカウンセラーピンクハート
楽々マインドダイエットセラピストグリーンハート
 『見た目(外見を磨くスキル)』と『カラダの中(栄養学、生物学)』と『ココロの在り方(心理学、脳科学)』の三方からアプローチしてあなただけの美しい生き方をサポートします虹
ビューティストピンク薔薇じゅじゅです

ランキングに参加しています

応援のポチッとよろしくお願いいたしますピンクハート
(文末にボタンがあります↓↓↓


今日は京都弁で。。。

ふと思い立って

今日は「です・ます調」を辞めてみようかと

思ってます

と言いながら

クセでいきなり「ます」使ってしもたガーン

じゅじゅは京都生まれ京都育ちなので

関西弁というか京都弁なんやけども

他府県の人が
京都弁って聞くと

「〜どすなぁ」とか
「〜おすえ」とか

言うイメージがあるみたいやけど
最近の京都人は言わへんよ〜
お爺ちゃん、お婆ちゃん世代か

祇園界隈とかの芸妓さんとか舞妓さんとかなら

言わはると思うけどキョロキョロ


言葉も時代とともに変わっていくんやろね〜
それが自然なことやし
時代に合わせて生まれた言葉やからこそ
その時の感情とか伝えたいことを
めっちゃ良くあらわせるんやろうね
変わるといえば
美の基準も昔と今やったら
だいぶ違うやん?
平安時代の美人の条件は
髪がめっちゃ多くて真っ黒で
顔の輪郭は下ぶくれ
腫れぼったい一重の目で
小っちゃいおちょぼ口唇
今の時代とは全然違うやんね〜
海外でも
めっちゃ耳たぶ長いのが美人やったり
めっちゃ首が長いのが美人やったりするし

美の基準なんて

その時の文化とか時代背景に左右される

正直よく分からないものかもしれんね

それにいくら美人の条件に

当てはまっていたかって

好きになるかはまた別の話やん?

そう思ったら

誰か分からへん人たちが考えた

美の基準っていうのに乗っかるのも良いけど

自分が心地良くて

自分が好きなものを突き詰めるのも

良いんちゃうかな〜て思うわ

その人がその人らしく

イキイキといられるのが一番やね照れ

初の京都弁ブログは

なんやよう分からへん内容になったけど

まぁそんな感じ笑

※「たまごサンドは絶対に厚焼き玉子やろ〜!」て思てたけど、ゆで玉子潰したバージョン久しぶりに食べたらめっちゃ美味しかったお願い

何事も決めつけはあかんねヒヨコ



【ダイエットタイプ診断】も再開致しましたキラキラ

こちらから詳細をご覧ください↓↓



読んで頂いてありがとうございますおねがい
※ここまで読んでくださった人はFacebookでシ
ェアしたり、リブログしてもらえると嬉しいです(о´∀`о)


なぜセミヌード 写真を公開しているかの理由はこちら↓↓
ランキングに参加しています
応援のポチッとよろしくお願いいたします↓↓

ポチッとよろしくお願いいたします↓↓
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットアドバイザー・コンサルタントへ

ダイヤオレンジブログ内でもダイエットに関する質問を受け付けています
コメントからどうぞラブ
ダイヤオレンジメンタルダイエットやファスティングについての無料相談やお志事の依頼を承っておりますお願い

(メッセージのやり取りや個別カウンセリングのご希望の方はメールでのご連絡 またはLINE@にてお友達登録をお願い致します✨友達登録後 何かスタンプを1つ送ってください✨それで登録完

了となります↓↓↓
メール:info@fleur- irisee.jp
ダイヤオレンジZOOMアプリでのオンラインセッションも行なっていますので、ご遠方の方もお気軽にお問い合わせくださいクローバー

Source: 【メンタルダイエットカウンセラー】じゅじゅのビューティスト✨ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする