【低血糖に糖質はNG。でもこんなときは例外!】

こんにちは。

デトックスしたいけど食べたい!

食べ”ながら”ファスティングする 
40代からの『ながら断食』

お伝えしています、
ファスティングマイスターの
はやしまさみです。
∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

◆からだセルフメンテ塾 公式メルマガ◆ 

デトックスしたいけど食べたい! 
食べ”ながら”ファスティングする 
40代からの『ながら断食』

★無料登録はこちら★
https://peraichi.com/landing_pages/view/8t7qd

∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

さて、昨日に引きつづき

低血糖症に関わる
ダイエットや
メンタルケアについての補足です。
昨日は

小腹が空いたら
タンパク質でお腹を満たしてね、

というお話をしました。

そこで
よく聞かれるのが
お腹が空いたら
「おにぎり」はダメなのですか?
パンよりいいでしょう?
という質問です。

小麦や白砂糖をつかってないし、
腹持ちするからいいじゃない、

と思うかもしれませんが、

お米は

糖質のかたまりです。

血糖値の安定

という点からは
あまりおススメしません。

なので

ここはかたくなに
昨日お伝えした
たんぱく質優先で♪


た・だ・し!

例外もあります。

低血糖症におちいった場合は
たんぱく質より糖質です。

緊急性が高いので!
そのときは

「おにぎりを少しずつ、
しっかり噛みながら食べる」

で対処してください。

疲れたときや
イライラしたときに

元気づけに甘いものを欲する方、

ご飯やパンなどの
糖質をたくさん摂っている方は

血糖値にあやつられている
可能性大です。

そこで、

手軽な解決策としては
昨日お伝えした

小腹がすいたら
糖質でなくタンパク質。

強い空腹感を感じないように

ちょこちょこ食べることも

あわせてオススメします。
肌寒い連休となっていますが
しっかりバランスの良い食事で
体調管理をしつつ、
残りのお休みを楽しんでくださいね♪

Source: 【ながら断食】 食べながらファスティングする 40代からの『ながら断食』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする